*for English scroll down↓

玉木優

玉木 優 - トロンボーン・http://www.yutamaki.com/

 

日本、ヨーロッパ、アメリカ、アジアを舞台にボーダーレスな活動を続けるトロンボーン奏者。ソロ活動を軸とし、オーケストラ、室内楽、教育、執筆、プロデュースなど多岐に展開。(株)プロアルテムジケ所属、米国S.E.シャイアーズ社およびwillie's社公式アーティスト。現在デンマーク在住。

 

2018年1月ソロ活動に専念するためにオーケストラを退職。以来、大陸間を行き来しながら独自の活動を続けている。近年のハイライトとしては、日本各地(東京、大阪、兵庫、山形、岩手、茨城、島根、福岡)、韓国やデンマークでのソロリサイタル、マスタークラス、イベント出演、イアン・バウスフィールド(ソリスト・元ウィーンフィル首席)、ピーター・サリヴァン(ピッツバーグ響首席)、コリン・ウィリアムス(ニューヨークフィル副首席)、ブライアン・ヘクト(アトランタ響)など世界的トロンボーン奏者とのデュオリサイタル、城綾乃(ピアニスト)、荻堂桂輔(リストランテ・アルテシンポジオ・オーナーシェフ)、入手杏奈(ダンサー)、湯村洋(眞田貿易)との多種多様のコラボレーションなど、積極的な活動を展開している。

 

兵庫県芦屋市出身。兵庫県立西宮高校音楽科、京都市立芸術大学音楽学部卒業。PMF2002、小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトIVに参加。大学卒業後単身渡米。ミシシッピ交響楽団首席奏者、ミシシッピ大学音楽学部非常勤講師、デュケイン大学大学院助手を経て帰国。東京佼成ウインドオーケストラに入団。小澤征爾監督、東京のオペラの森、サイトウキネンオーケストラに参加。その後、文化庁海外研修奨学生としてベルン芸術大学に派遣され、最優秀賞(Auszeichnung)を受賞し修了。その後、2018年まで南デンマークフィルハーモニー管弦楽団副首席奏者を務めた。ラフォルジュルネ音楽祭(仏ナント)に出演。

 

日本人金管楽器奏者として初、国際音楽コンクール世界連盟加盟の2つのコンクールと、国内最大の2つのコンクールにて入賞。第26回日本管打楽器コンクール審査員7名満場一致での第1位、第6回チェジュ国際金管楽器コンクール(韓国)第2位ほか受賞多数。

 

ソリストとして、日本フィル、東京シティフィル、東京ニューシティ管、東京佼成ウインドなどと共演。トマジ、マルタン、ブルジョワ、フルメリ、リムスキー・コルサコフ、ギルマン、山口尚人(世界初演・佼成ウインド委嘱作品)、アッペルモントなどの作品を演奏。これまでに、日本、アメリカ、スイス、デンマークにおいてソロリサイタルを開催。2018年には1stソロアルバム”Love and Chaos”を、翌2019年には2ndアルバム”Colors for Trombone”をリリース。

 

教育の分野にも力を入れており、これまでに日本全国で講習会を展開。2014年よりプロ奏者育成のためのワークショップを定期的に開催。2014年にはイアン・バウスフィールド氏を特別講師として招聘。2016年には東京都主催により東京文化会館にて開催された。2018年にはプロアルテムジケ主催によりイアン・バウスフィールド/玉木優トロンボーンアカデミーとして開催された。

 

トロンボーンデュオ『たましみず』(第22回青山音楽賞バロックザール賞受賞)、トロンボーンアンサンブル『スライドジャパン』メンバー。 

 

バンドジャーナル誌面(音楽之友社)にて、2012年度ワンポイントレッスン(全12回)、2014年〜2016年コラム“世界に挑戦!〜ボーダーレスに夢を掴む”を好評連載(全30回)。パイパーズ誌面(杉原書店)第290号、第356号、第359号、第369号、第401号に特集記事が掲載される。ヤマハミュージックメディアより、トロンボーンレパートリー玉木優のディズニー作品集(楽譜付きCD)、トロンボーン日本の名曲珠玉のコンサートレパートリー(楽譜)を監修出版。



Yu Tamaki Hoso/Trombone

 

A Japanese trombonist active in Europe, Japan and the USA, Yu Tamaki expands his wide-range activities as a soloist, orchestra and chamber musician, educator, author and producer. Official artist for Pro Arte Musicae of Tokyo, S.E.Shires Co., willie's custom brass. 

 

In January 2018, Yu has left his orchestra position in Denmark to concentrate on his solo activities. Ever since he has been actively traveling between the continents for various events. His highlights of recent years include: solo recitals and masterclasses in Japan, South Korea and Denmark; trombone duo recitals with Ian Bousfield (soloist, former principal: Vienna Phil,), Peter Sullivan (principal: Pittsburgh Sym,), Colin Williams (assit. principal: NY Phil.), Brian Hecht (Atlanta Sym.); creative projects with various collaborators such as Ayano Jo (pianist), Keisuke Ogido (owner chef: Ristorante Arte Simposio), Anna Irite (dancer) and Yo Yumura (Sanada Co.) 

 

1980: Born in Ashiya, Japan

1999: Diploma, Hyogo Pref. Nishimomiya High School, Music Department

2002: Fellow participant, Pacific Music Festival, Principal Trb. under Charles Dutoit

2003: BA of Music, Kyoto City University of Arts, under Shin-ichi Go

2003: Solo appearances at honoring graduation concerts, at KCUA, Kansai Regional Music Assn., Yamaha and others. Participant, Seiji Ozawa Opera Project IV

2004: Moved to Chicago, the United States

2005-2007: Mississippi Symphony Orchestra. Adjunct Professor: Mississippi College

2007-2008: Assistant for Peter Sullivan at Duquesne University of Pittsburgh

2008-2009: Tokyo Opera Nomori Orchestra and Saito Kinen Orchestra (Dir. Seiji Ozawa)

2010-2013: Tokyo Kosei Wind Orchestra

2013-2018: Sønderjyllands Symfoniorkester (South Denmark Philharmonic), Denmark

2018- : International Trombone Solo Artist

 

2012-2013  Granted a full scholarship by the Ministry of Cultural Affair in Japan, to study with Ian Bousfield at Hochshule der Künste Bern in Switzerland. Completed with Auszeichnung (En: highest distinction)

 

A Prizewinner of following international competitions.

1st Place: 26th Japan Wind and Percussion Competition, the unanimous highest scores by all seven jurors

Diploma: 45th Markneukirchen International Competition

2nd Place: 6th Jeju International Brass Competition

2nd Place: 8th Tokyo Music Competition

 

As a soloist, Yu had frequent appearances with Tokyo Kosei Wind Orchestra, Japan Philharmonic, Tokyo City Philharmonic, Tokyo New City Orchestra and others. His performance repertoire includes Tomasi, Martin, Bourgeois, Frumerie, Rimsky-Korsakov, Guilmant, Yamaguchi (world premiere, commissioned by TKWO), Appermont and etc. Yu has given many recitals in Japan (Tokyo, Osaka, Nagoya, Kyoto, Ibaraki, Shimane), USA and Switzerland. Also Trombone Societies' have invited him to perform for their events such as Japan Trombone Association, Kansai Trombone Association and Shonan Trombone Association. 

 

As an active educator, Yu has held lectures, clinics and master classes in all Japan's major cities. Yu has had the rare opportunity to earn education and performance experiences internationally: in Japan, United States and Europe. These experiences put him in a position to offer a unique perspective and broader opportunity to the next generation and future of Japan. Since 2014, he has been conducting workshops for professionals. Fully sponsored by Tokyo metropolitan government In 2016, and by Pro Arte Musicae and Shinjuku ward office of Tokyo, held as the Ian Bousfield/Yu Tamaki Trombone Academy.

 

Yu has written monthly articles on "Band Journal"(Ongaku No Tomo Sha Co.), "Challenging to the World"(30 issues) in 2014-2016 and "One Point Lessons"(12 issues) in 2012-2013. Also he has been featured on interviews in the "Pipers" (Sugihara Shoten Co.) for the 290th, 356th, 359th, 369th and 401st issues.

 

Performance and supervison for CDs and sheet music "Trombone Repertoire: Yu Tamaki's Disney Works" and "Trombone: Concert Repertoire Japanese Songs", published by Yamaha Music Media.

 

As a chamber musician, he is a member of two Japanese trombone ensembles: Trombone Duo "TamaShimizu"- recipient of 22nd Aoyama Music Foundation Baroque Saal Prize; and Trombone Ensemble "Slide Japan".